経 営

新規事業の注意点
経 営 · 20日 11月 2021
今日のご相談は、別事業への転換を検討されている会社でした。長引くコロナ禍の影響で従来の売上が激減したため、「事業再構築補助金」を活用して別事業を検討されているとのこと。 その事業には多額の設備投資が必要なため、そのリスクを回避するための2つのポイントを説明しました。 一つ目は、事業再構築補助金を活用するにしても、それなりの自己資金は必要であること。また、同補助金の申請が通らない場合の資金目処を立てておくこと。「新型コロナウィルス感染症特別貸付」や「新型コロナウィルス対策マル経融資」等の活用による資金調達について助言。 二つ目は、与信。新規事業では、これまで実績のない会社と取引することになるため、仕事の受注について行うべき与信についてアドバイスしました。 当社は、孤独に悩む経営者に寄り添い、企業の成長を支援して参ります。 (与信とは・・・取引先と何らかの取引を行う際に、その代金を回収するまでの間に相手方に対して信用を付与すること。)

不動産オーナーのお悩み
経 営 · 10日 11月 2021
今日は、個人で不動産賃貸業を営んでおられるお客様との打合せがありました。 不動産賃貸業のオーナーは、ある程度の年齢にさしかかると相続の心配が出てきます。 一般的には、相続税に関する話題が多いようようですが、本日ご相談を受けた方は、「自分の死後、残された家族の間で争い事をしてほしくないので、その予防策を講じておきたい。」との事でした。 当社のご提案を資料にまとめご説明しました。不動産賃貸業の法人化としては、管理委託方式、一括転貸(サブリース方式)などもありますが、争族とならないための予防策としては法人に不動産を所有させる方式が良いと思います。